南関競馬スパッと予想

南関競馬スパッと予想

2024年6月

川崎競馬最終日(6月14日)

2024年06月13日
川崎競馬

■10レース
 
◎ 7 ヤマイチエスポ
 
〇 3 サラサワン
 
▲ 1 モノノフレッド
 
△ 2 サグアロ
 
【見解】
条件が好転するヤマイチエスポが本命。船橋初遠征の前走は上位2頭も強かったが、道中の折り合いのスムーズさを欠いたのが痛かった。地元替わり、距離短縮はプラスで、森泰斗騎手が手綱を取るのは心強い。
 
単勝7
 
馬単7⇔3 7⇔1 3⇔1
  7→2
 
 
■11レース
 
◎ 3 ベラール
 
〇 12 メンタイマヨ
 
▲ 6 ファルコンソード
 
△ 2 ピースマッチング
 
△ 10 ナガタエース
 
【見解】
末脚堅実なベラールが中心。なかなか勝ちきれない半面、転入後〈2133〉で着外はゼロ。前走は勝負どころで自ら動いて0秒4差4着に食い込んでおり、再度同条件のここも上位争いに加われる。
 
単勝3
 
馬単3⇔12 3⇔6 12⇔6
  3→2 3→10
 
 
■12レース
 
◎ 5 アタッシュマン
 
〇 7 タロウシュン
 
▲ 3 タツノヴィクトリー
 
△ 1 クトゥネシリカ
 
△ 4 シンボリビーノ
 
【見解】
単騎マイペースが見込めるアタッシュマンを狙う。休養後は自分の形を作れず大敗が続いているが、格付け初戦だった昨年7月のC1で2着に粘り込んでおり、このメンバーならチャンス大だろう。
 
単勝5
 
馬単5⇔7 5⇔3 7⇔3
  5→1 5→4

 

川崎競馬4日目(6月13日)

2024年06月12日
川崎競馬

■10レース
 
◎ 2 サンエイジロー
 
〇 4 サツキスカイ
 
▲ 6 ガーレ
 
△ 1 アルルカン
 
△ 5 ディーエスフランク
 
【見解】
スプリント適性の高いサンエイジローが本命。川崎900メートルに矛先を向けた前走は3角先頭から後続を4馬身突き放す圧巻Vで、マークした54秒1はB2でも即通用する好タイム。ここもスピードの違いで押し切れる。
 
単勝2
 
馬単2⇔4 2⇔6 4⇔6
  2→1 2→5
 
 
■11レース
 
◎ 14 ミヤギザオウ
 
〇 13 ショットメーカー
 
▲ 8 ジョエル
 
△ 3 ウラノメトリア
 
△ 4 ブルベアイリーデ
 
△ 12 ホウオウトゥルース
 
【見解】
軌道に乗ってきたミヤギザオウを狙う。前走の大井記念5着は相手も強かったが、スローペースの上がり勝負で展開不向き。ゲート難は解消されつつあり、22年の羽田盃以来のチャンスをつかみたいところだろう。
 
単勝14
 
馬単14⇔13 14⇔8 13⇔8
  14→3 14→4 14→12
 
 
■12レース
 
◎ 8 ヤマニンバルトロ
 
〇 10 パーティーモード
 
▲ 7 オリコウキング
 
△ 3 ヒノデミッチー
 
△ 11 スナオナキモチ
 
【見解】
条件が合うヤマニンバルトロを狙う。なかなか勝ちきれない半面、堅実な末脚を生かして4戦連続で3着に食い込んでいる。全5勝中4勝をマークしている川崎1400メートルに戻り、もうひと押しを期待する。
 
単勝8
 
馬単8⇔10 8⇔7 10⇔7
  8→3 8→11
 

川崎競馬3日目(6月12日)

2024年06月11日
川崎競馬

■10レース
 
◎ 3 インナースティール
 
〇 10 ビスバルト
 
▲ 2 ショウネンジダイ
 
△ 7 シゲルオトコギ
 
△ 9 スノーフェス
 
【見解】
通算〈4100〉のインナースティールが本命。約3か月ぶりの前走はスタートでゴチャつく不利がありながらも、4角先頭から後続の追撃を封じる横綱相撲のV。昇級の壁は感じられず、連勝を4に伸ばす。
 
単勝3
 
馬単3→10 3→2 
  3→7 3→9
 
 
■11レース
 
◎ 6 アンデスビエント
 
〇 3 イゾラフェリーチェ
 
▲ 9 クリスマスパレード
 
△ 2 メイショウヨシノ
 
△ 5 プリンセスアリー
 
△ 7 ローリエフレイバー
 
【見解】
休養後4、2、1着で上昇ムードのJRAアンデスビエントを狙う。初物尽くしだが、折り合いに不安はなく、母アンデスクイーンが20年のエンプレス杯勝ち馬という血統背景も十分。重賞初挑戦Vを期待する。
 
単勝6
 
馬単6⇔3 6⇔9 3⇔9
  6→2 6→5 6→7
 
 
■12レース
 
◎ 6 キーファイン
 
〇 11 シンデレラワルツ
 
▲ 4 アンジェラカフェ
 
△ 7 マジェスティアスク
 
△ 14 サヨノミニスター
 
【見解】
地力上位のキーファインが中心。転入後9戦して2着5回と勝ちきれない半面、ここ3戦はすべて異なる条件で0秒5差以内に食い込んでいる。船橋遠征の前走が刺激になれば、もうひと踏ん張りがあっていい。
 
単勝6
 
馬単6⇔11 6⇔4 11⇔4
  6→7 6→14
 

川崎競馬2日目(6月11日)

2024年06月10日
川崎競馬

■10レース
 
◎ 10 シャンパンファイト
 
〇 8 ゲットアップゲート
 
▲ 3 イサチルプリンス
 
△ 6 ヘルシェイク
 
△ 11 フエ
 
【見解】
川崎転厩後5連勝中のシャンパンファイトが本命。前走は早め先頭から押し切る着差以上に強いレースぶり。昇級初戦でメンバーはだいぶ骨っぽくなるが、自在性を生かして好勝負に持ち込む。
 
単勝10
 
馬単10⇔8 10⇔3 8⇔3
  10→6 10→11
 
 
■11レース
 
◎ 2 プライルード
 
〇 3 カプリフレイバー
 
▲ 4 エンテレケイア
 
△ 5 ヴァンデリオン
 
△ 6 ティアラフォーカス
 
△ 10 サンダーゼウス
 
【見解】
条件が好転するプライルードを狙う。前走の東京スプリント10着は約3か月ぶりに加え、ダートグレード競走で相手が悪かった。初の900メートルでも通用するスピードがあり、馬体がもうひと絞りしていればおもしろい。
 
単勝2
 
馬単2⇔3 2⇔4 3⇔4
  2→5 2→6 2→10
 
 
■12レース
 
◎ 12 ポテンザ
 
〇 4 ドミネートシチー
 
▲ 3 ジーソウルブラザー
 
△ 2 フユノダイサンカク
 
△ 10 スカイオージ
 
【見解】
スピード断然のポテンザが主役。転入後3連勝は後続に計3秒5もの差をつける圧倒的なパフォーマンスを披露。C2で足踏みする器ではなく、ここも焦点は2着争いに絞られる。
 
単勝12
 
馬単12→4 12→3
  12→2 12→10
 

川崎競馬初日(6月10日)

2024年06月09日
川崎競馬

■10レース
 
◎ 10 スノーシュー
 
〇 4 サイレントウルフ
 
▲ 9 ヴィブエアー
 
△ 8 サンオルソーライズ
 
△ 11 リグレイアー
 
【見解】
素質上位のスノーシューが本命。通算〈4002〉で、掲示板を外したのは重賞挑戦した鎌倉記念6着、ネクストスター東日本7着だけ。初の2000メートル、格付け初戦でB2混合だが、古馬撃破を期待する。
 
単勝10
 
馬単10⇔4 10⇔9 4⇔9
  10→8 10→11
 
 
■11レース
 
◎ 8 ベルタント
 
〇 10 アンジェリカル
 
▲ 12 ガストン
 
△ 1 イグアスワーク
 
△ 5 ルトラセ
 
【見解】
相手関係の楽になったベルタントを狙う。前走はC1にしてはハイレベルで、向こう正面で難敵インナースティールにかわされる厳しい展開にもかかわらず、しぶとく4着に食い下がる好内容。C2混合の牝馬限定戦ならおもしろい。
 
単勝8
 
馬単8⇔10 8⇔12 10⇔12
  8→1 8→5
 
 
■12レース
 
◎ 10 シゲルマッハ
 
〇 3 ゴーストレート
 
▲ 2 コスモスミッチー
 
△ 4 ジュラメント
 
△ 7 アートオブライフ
 
【見解】
3連勝中で勢いの止まらないシゲルマッハが中心。2戦連続で後続に大差をつけており、前走でマークした川崎1400メートル1分29秒3はB3で即通用するタイム。昇級の壁は感じられず、距離延長も問題ない。
 
単勝10
 
馬単10⇔3 10⇔2 3⇔2
  10→4 10→7

 

大井競馬最終日(6月7日)

2024年06月06日
大井競馬

■10レース
 
◎ 3 ロデオ
 
〇 9 ペルセヴェランテ
 
▲ 8 エドノバンザイ
 
△ 1 クリコマ
 
△ 4 フォルトリアン
 
【見解】
素質上位のロデオを狙う。心身ともに成長途上だが、ブリンカー着用2戦目の前走は直線で後続を9馬身突き放す圧巻V。大井1600メートル1分42秒3は古馬B級レベルで、1ハロンの距離延長は克服できる。
 
単勝3
 
馬単3⇔9 3⇔8 9⇔8
  3→1 3→4
 
 
■11レース
 
◎ 3 ラストストーリー
 
〇 14 オブジェダート
 
▲ 2 ダイキチホマレ
 
△ 6 ヒロシゲジャック
 
△ 8 タイガーチャージ
 
【見解】
充実ぶりが目立つラストストーリーが本命。主導権を握った前走は勝ち馬ハデスキーパーに早めにかわされる厳しい展開にもかかわらず、しぶとく食い下がって2着を確保。自己条件に戻り、B2混合戦なら巻き返しを期待できる。
 
単勝3
 
馬単3⇔14 3⇔2 14⇔2
  3→6 3→8
 
 
■12レース
 
◎ 13 コーリンジャッジ
 
〇 2 グレイテストワーク
 
▲ 10 タイムトゥキル
 
△ 7 シャンハイマゴコロ
 
△ 12 ジューンシャトル
 
【見解】
立て直しに成功したコーリンジャッジが中心。約5か月半ぶりの前走は直線の追い比べを制する着差以上に強いレースぶり。大井1400メートルは2戦2勝の舞台で、再度同条件なら素直に信頼する。
 
単勝13
 
馬単13⇔2 13⇔10 2⇔10
  13→7 13→12

 

大井競馬4日目(6月6日)

2024年06月05日
大井競馬

■10レース
 
◎ 3 ミエノサンダー
 
〇 2 チャンピオンフジ
 
▲ 1 ワンボイス
 
△ 6 ブラックピアノ
 
△ 14 クレシューズ
 
【見解】
転入後2、2、1着のミエノサンダーが中心。約4か月ぶりの前走は初の内回りマイルにもかかわらず、4角先頭から後続を4馬身突き放すワンサイドゲーム。1800メートル替わりはプラスで、B3昇級の壁は突破できる器だ。
 
単勝3
 
馬単3⇔2 3⇔1 2⇔1
  3→6 3→14
 
 
■11レース
 
◎ 13 カヌレフレイバー
 
〇 7 マッシャーブルム
 
▲ 5 スピニングガール
 
△ 1 タケシ
 
△ 11 ポッドレオ
 
△ 14 セントラルガバナー
 
【見解】
全く底を見せていないカヌレフレイバーが本命。デビューからの3連勝は後続に計2秒8もの差をつける圧倒的なパフォーマンスを披露。約2か月半ぶりの前走でマークした大井1200メートル1分13秒2は優秀で、ここも好勝負に持ち込める。
 
単勝13
 
馬単13⇔7 13⇔5 7⇔5
  13→1 13→11 13→14
 
 
■12レース
 
◎ 15 ジョンソンテソーロ
 
〇 6 ゴダイリキ
 
▲ 16 トゥースパークル
 
△ 1 パワースレイヴ
 
△ 7 リベイクフルシティ
 
【見解】
条件が合うジョンソンテソーロを狙う。前走は初の1200メートルで追走に苦しんだが、メンバー最速の上がり3ハロン36秒7の末脚で3着まで追い上げた。全9勝中7勝をマークしている1400メートルなら差し切れる。
 
単勝15
 
馬単15⇔6 15⇔16 6⇔16
  15→1 15→7

 

大井競馬3日目(6月5日)

2024年06月04日
大井競馬

■10レース
 
◎ 2 ウナモンタナアルタ
 
〇 6 ケープホーン
 
▲ 5 ネオトキオ
 
△ 7 ガルヴァナイズ
 
△ 16 ゴールドジャッジ
 
【見解】
スピード上位のウナモンタナアルタが本命。前走4着で連勝は3でストップしたが、勝ち馬ロアリングルックスが強すぎただけで、2着馬とはクビ+クビ差。2戦2勝の大井1400メートルで改めて期待する。
 
単勝2
 
馬単2⇔6 2⇔5 6⇔5
  2→7 2→16
 
 
■11レース
 
◎ 7 アンモシエラ
 
〇 14 ラムジェット
 
▲ 10 サトノエピック
 
△ 2 マコトロクサノホコ
 
△ 3 シシュフォス
 
△ 4 ハビレ
 
【見解】
先行力が魅力のJRAアンモシエラを狙う。ダート3冠路線に照準を合わせて、ブルーバードC勝ち、京浜盃、羽田盃で2着。地方の馬場適性の高さは示しており、ここ2戦の勝ち馬が不在ならチャンス大だろう。
 
単勝7
 
馬単7⇔14 7⇔10 14⇔10
  7→2 7→3 7→4
 
 
■12レース
 
◎ 4 ロアリングルックス
 
〇 5 ルイス
 
▲ 7 ニューフロンティア
 
△ 12 ビーアイフェリペ
 
△ 13 カナウ
 
【見解】
休養後2連勝中のロアリングルックスが主役。前走はスピードの違いでハナに立ち、後続を4馬身突き放す圧倒的なパフォーマンスを披露。昇級の壁をあっさり突破しており、B1混合でも今の充実ぶりを信頼する。
 
単勝4
 
馬単4⇔5 4⇔7 5⇔7
  4→12 4→13

 

大井競馬2日目(6月4日)

2024年06月03日
大井競馬

■10レース
 
◎ 4 キアキア
 
〇 9 ヤンノカステップ
 
▲ 11 ラプソディンブルー
 
△ 5 デルマネコダマシ
 
△ 7 ヴィクラント
 
【見解】
自己条件に戻ったキアキアが中心。前走は勝ち馬ルクスディオンが強すぎただけで、格上相手にしぶとく3着に食い下がる好内容。門別1000メートルで〈4110〉の実績があり、C2なら牡馬混合でもチャンス大だろう。
 
単勝4
 
馬単4⇔9 4⇔11 9⇔11
  4→5 4→7
 
 
■11レース
 
◎ 8 フォーヴィスム
 
〇 5 リンゾウチャネル
 
▲ 14 カラフルキューブ
 
△ 3 リコーシーウルフ
 
△ 12 エスポワールガイ
 
【見解】
相手関係の楽になったフォーヴィスムが本命。転入後3戦全てマイル重賞で4、3、4着に食い込んでおり、オープン特別なら地力は一枚上。乗り難しいタイプだが、コンビ2度目になる笹川翼騎手の手綱さばきに期待する。
 
単勝8
 
馬単8⇔5 8⇔14 5⇔14
  8→3 8→12
 
 
■12レース
 
◎ 9 エスプリリチャード
 
〇 6 スズノハマヤ
 
▲ 11 ラスブリサス
 
△ 2 マリアッチ
 
△ 10 ホウオウセレシオン
 
【見解】
巻き返しを狙うエスプリリチャードが主役。前走3着でデビュー以来の連勝は4でストップしたが、前残りの不向きな流れでもアタマ+クビ差に迫っており、C1卒業レベルの力は示している。初の1800メートルでも改めて。
 
単勝9
 
馬単9⇔6 9⇔11 6⇔11
  9→2 9→10

 

大井競馬初日(6月3日)

2024年06月02日
大井競馬

■10レース
 
◎ 4 サウンドズーム
 
〇 6 ケンコウ
 
▲ 8 トランセンデンタル
 
△ 3 ブルベアナノ
 
△ 12 イタリアンゴールド
 
【見解】
素質上位のサウンドズームが主役。転入後〈4001〉で、掲示板を外した4走前6着は4角の不利が大きく敗因は明白。C2で足踏みする器ではなく、1800メートルOKなら連勝を4に伸ばせる。
 
単勝4
 
馬単4⇔6 4⇔8 6⇔8
  4→3 4→12
 
 
■11レース
 
◎ 2 ドレスドトゥーキル
 
〇 8 シザーハンズ
 
▲ 12 ケンマキシム
 
△ 10 グロリアスセプター
 
△ 11 ニシノラーナ
 
【見解】
巻き返しを狙うドレスドトゥーキルが本命。前走は上位2頭の末脚に屈したが、スタートで後手に回る不利を挽回して0秒4差に踏ん張る負けて強しのレースぶり。再度同条件で内枠を引いたここは改めて期待する。
 
単勝2
 
馬単2⇔8 2⇔12 8⇔12
  2→10 2→11
 
 
■12レース
 
◎ 1 グロリオサ
 
〇 5 レイリ
 
▲ 6 サランスク
 
△ 7 シエロフェイス
 
△ 8 スミソニアン
 
【見解】
前走9着を度外視してグロリオサを狙う。左回り1650メートルだった2走前は3角先頭から格上をねじ伏せる横綱相撲で、22年の平和賞2着馬の力を示した。再度同条件で、岡村健司とのコンビ復活なら素直に信頼する。
 
単勝1
 
馬単1⇔5 1⇔6 5⇔6
  1→7 1→8