南関競馬スパッと予想

南関競馬スパッと予想

大井競馬

大井競馬最終日(5月17日)

2024年05月16日
大井競馬

■10レース
 
◎ 8 エスプリリチャード
 
〇 2 シャルマンジャン
 
▲ 11 タイムトゥキル
 
△ 3 ドゥーロアバンティ
 
△ 7 フラワージャンヌ
 
【見解】
素質断然のエスプリリチャードが主役。格付け初戦の前走は出走取消明けにもかかわらず、約11か月のブランクを全く感じさせない走り。C1で足踏みする器ではなく、二走ボケさえなければデビュー以来の連勝を5に伸ばせる。
 
単勝8
 
馬単8⇔2 8⇔11 2⇔11
  8→3 8→7
 
 
■11レース
 
◎ 7 ハデスキーパー
 
〇 4 デスティネ
 
▲ 3 ラストストーリー
 
△ 1 ラブラブパイロ
 
△ 9 ハイエストエンド
 
【見解】
条件が好転するハデスキーパーが本命。前走は久々のマイルにもかかわらず、メンバー最速の末脚で0秒3差4着に迫る好内容。大井1800メートルは〈7311〉の舞台で、好相性の森泰斗騎手を迎えてチャンスをつかむ。
 
単勝7
 
馬単7⇔4 7⇔3 4⇔3
  7→1 7→9
 
 
■12レース
 
◎ 10 ドレスドトゥーキル
 
〇 9 ゴールドジャッジ
 
▲ 5 マーゴットバモス
 
△ 3 シトラスダル
 
△ 7 ランプロン
 
【見解】
立て直しに成功したドレスドトゥーキルが中心。約3か月ぶりの前走は主導権争いを制して押し切る着差以上に強いレースぶり。強力な同型がいてもハナにこだわるタイプではなく、再度同条件なら素直に信頼する。
 
単勝10
 
馬単10⇔9 10⇔5 9⇔5
  10→3 10→7
 

大井競馬4日目(5月16日)

2024年05月15日
大井競馬

■10レース
 
◎ 6 ブルベアナノ
 
〇 4 ミツカネマーズ
 
▲ 10 キャリーラック
 
△ 5 サーストントラスト
 
△ 8 エルモサミオ
 
【見解】
充実ぶりが目立つブルベアナノを狙う。ここ2戦はともにメンバー最速の末脚で小差3着まで追い込んでおり、大井1700メートルは昨年12月にV歴のある舞台。相手関係の楽になったここはもうひと押しを期待する。
 
単勝6
 
馬単6⇔4 6⇔10 4⇔10
  6→5 6→8
 
 
■11レース
 
◎ 16 ストームゾーン
 
〇 14 アドバンスファラオ
 
▲ 13 マイレッドスター
 
△ 4 キングクー
 
△ 9 タカラマドンナ
 
【見解】
地元・大井のストームゾーンが本命。転入後の3連勝は全て大井1200メートルでマークしており、レースぶり、走破タイムともに上々。JRA2勝クラスを卒業した器で、古巣相手の準重賞でもチャンス大だろう。
 
単勝16
 
馬単16⇔14 16⇔13 14⇔13
  16→4 16→9
 
 
■12レース
 
◎ 10 シュアゲイト
 
〇 6 ユーアオンフリーク
 
▲ 4 タブラオ
 
△ 12 マザオ
 
△ 13 バラク
 
【見解】
復活の兆しを見せたシュアゲイトが中心。3、2走前は大敗を喫したが、約2か月半ぶりの前走は4角先頭から0秒3差5着に粘り込む見せ場たっぷりのレースぶり。自己条件のB2混合戦なら押し切れる。
 
単勝10
 
馬単10⇔6 10⇔4 6⇔4
  10→12 10→13

 

大井競馬3日目(5月15日)

2024年05月14日
大井競馬

■10レース
 
◎ 10 ボニーマジェスティ
 
〇 6 サヨノトレイダー
 
▲ 5 ダイコクテン
 
△ 12 スターオブフェイス
 
△ 14 ハイチサングラス
 
【見解】
引き続き吉原寛人騎手が手綱を取るボニーマジェスティを狙う。休養後6戦連続で小差2着に甘んじていたが、前走は直線の追い比べをアタマ差制する力強いV。B3で通用する力を示しており、再度同条件なら素直に信頼する。
 
単勝10
 
馬単10⇔6 10⇔5 6⇔5
  10→12 10→14
 
 
■11レース
 
◎ 1 サヨノネイチヤ
 
〇 7 セイカメテオポリス
 
▲ 6 ランリョウオー
 
△ 3 ミヤギザオウ
 
△ 4 ヒーローコール
 
【見解】
6連勝中で充実一途のサヨノネイチヤが本命。重賞初挑戦の勝島王冠で強敵ライトウォーリアを撃破し、前走のブリリアントCでも並み居る重賞ウイナーを完封。春の大目標に掲げる帝王賞に向けて負けられないところ。
 
単勝1
 
馬単1⇔7 1⇔6 7⇔6
  1→3 1→4
 
 
■12レース
 
◎ 4 ウナモンタナアルタ
 
〇 13 キタサンベレーザ
 
▲ 8 ガルヴァナイズ
 
△ 2 ネオトキオ
 
△ 15 ロアリングルックス
 
【見解】
3連勝中で勢いに乗るウナモンタナアルタが主役。昇級初戦の前走はメンバー最速の末脚で後続を5馬身突き放すワンサイドゲーム。B2で足踏みする器ではなく、ここも焦点は2着争いに絞られそう。
 
単勝4
 
馬単4⇔13 4⇔8 13⇔8
  4→2 4→15

 

大井競馬2日目(5月14日)

2024年05月13日
大井競馬

■10レース
 
◎ 4 ラストバリオン
 
〇 11 マロカオブジャガー
 
▲ 7 ビーアイフェリペ
 
△ 1 ロードアブソルート
 
△ 2 キャンユーキッス
 
【見解】
条件が合うラストバリオンが中心。川崎初遠征の前走で鮮やかな逃げ切りVを決めているスピードの持ち主。地元・大井1000メートルは〈4032〉の得意舞台で、約3か月半ぶりでも素直に信頼する。
 
単勝4
 
馬単4⇔11 4⇔7 11⇔7
  4→1 4→2
 
 
■11レース
 
◎ 14 ブラックピアノ
 
〇 3 ヤクモ
 
▲ 10 イーサンアイ
 
△ 2 リコールガー
 
△ 6 ダイアモンドモア
 
【見解】
復調ムードのブラックピアノを狙う。長期休養のブランクはさすがに大きく、転入後2戦は7、4着に甘んじているが、JRA1勝クラスは卒業レベルだった器。ベテラン・本田正重騎手を迎えて前進を期待する。
 
単勝14
 
馬単14⇔3 14⇔10 3⇔10
  14→2 14→6
 
 
■12レース
 
◎ 11 フルールドレジーナ
 
〇 14 ダンシングラスカル
 
▲ 10 サカベンクイーン
 
△ 5 ネオアビー
 
△ 7 カガヤキスバル
 
【見解】
休養明け4戦目で復活Vを飾ったフルールドレジーナが本命。前走は2番手抜け出しから後続を3馬身突き放す文句なしのレースぶり。順調に使い込めるのが何よりで、再度同条件なら負けられないところ。
 
単勝11
 
馬単11⇔14 11⇔10 14⇔10
  14→5 14→7

 

大井競馬初日(5月13日)

2024年05月12日
大井競馬

■10レース
 
◎ 1 ライゾマティクス
 
〇 5 ペルセヴェランテ
 
▲ 8 ルーラーオブダート
 
△ 2 イモノソーダワリデ
 
△ 9 キタノヒーロー
 
【見解】
地力上位のライゾマティクスが主役。重賞タイトルこそないが、鎌倉記念、ハイセイコー記念2着、ニューイヤーC3着の実績があり、通算4勝をマークしている器。2000メートルは歓迎で、オープン特別では負けられないところ。
 
単勝1
 
馬単1⇔5 1⇔8 5⇔8
  1→2 1→9
 
 
■11レース
 
◎ 14 アトランティス
 
〇 9 スイングステート
 
▲ 5 ダイキチホマレ
 
△ 7 グロリオサ
 
△ 10 ウインレゼルヴ
 
【見解】
充実ぶりが目立つアトランティスが本命。約3か月ぶりの前走は早め先頭から後続を突き放す横綱相撲のV。大井1800メートルは〈3010〉で適性が高く、昇級初戦で初の57キロでも4連勝を期待する。
 
単勝14
 
馬単14⇔9 14⇔5 9⇔5
  14→7 14→10
 
 
■12レース
 
◎ 9 ラバテラリュージュ
 
〇 5 テンオーケオー
 
▲ 4 ミユキザストロング
 
△ 2 ショウナンタバルア
 
△ 6 ショットオブザデイ
 
【見解】
相手関係の楽になったラバテラリュージュを改めて狙う。前走は勝ち馬オールアルミュールが強すぎただけ。左回り1650メートルは3走前にクビ差2着がある舞台で、引き続き森泰斗騎手が手綱を取るのも心強い。
 
単勝9
 
馬単9⇔5 9⇔4 5⇔4
  9→2 9→6

 

大井競馬最終日(4月26日)

2024年04月25日
大井競馬

■10レース
 
◎ 3 マリアッチ
 
〇 7 ショウグン
 
▲ 16 ゴールデンエール
 
△ 1 キャリーラック
 
△ 5 ミツカネマーズ
 
【見解】
上積みが見込めるマリアッチが本命。約4か月ぶりの前走は先に抜け出したアルシャインをとらえきれなかったが、しぶとくクビ差まで詰め寄る好内容。C2なら地力上位は明らかで、降級2戦目のここは改めて期待する。
 
単勝3
 
馬単3⇔7 3⇔16 7⇔16
  3→1 3→5
 
 
■11レース
 
◎ 9 ジョンソンテソーロ
 
〇 11 ゴールドレガシー
 
▲ 5 エスポワールガイ
 
△ 4 グレートジャーニー
 
△ 6 ハデスキーパー
 
【見解】
連闘で臨むジョンソンテソーロを狙う。転入初戦のプリムローズ賞はオープンのペースで追走に苦労したが、メンバー最速の末脚で7着まで追い上げた。佐賀で九州クラウンVを含む〈7100〉の実績があり、自己条件ならおもしろい。
 
単勝9
 
馬単9⇔11 9⇔5 11⇔5
  9→4 9→6
 
 
■12レース
 
◎ 1 ラッシュワン
 
〇 8 ネオトキオ
 
▲ 6 クロールキック
 
△ 4 スターオブフェイス
 
△ 10 ランプロン
 
【見解】
充実ぶりが目立つラッシュワンが中心。2戦連続で大外一気の差し切りVを決めており、前走はB3再昇級の壁をあっさり突破。再度同条件で相手強化の感はなく、ここも負けられないところだろう。
 
単勝1
 
馬単1⇔8 1⇔6 8⇔6
  1→4 1→10
 

大井競馬4日目(4月25日)

2024年04月24日
大井競馬

■10レース
 
◎ 7 エスプリリチャード
 
〇 1 ラスブリサス
 
▲ 10 プレストバローズ
 
△ 3 ユーカリプタス
 
△ 9 ネクストブレイク
 
【見解】
デビュー以来の3連勝を大井1400メートルでマークしているエスプリリチャードが主役。前走の出走取り消し(感冒)明けで約11か月ぶりになるが、C1格付けなら素質は抜けており、焦点は2着争いに絞られそう。
 
単勝7
 
馬単7⇔1 7⇔10 1⇔10
  7→3 7→9
 
 
■11レース
 
◎ 1 ローリエフレイバー
 
〇 9 プリンセスアリー
 
▲ 5 シトラルテミニ
 
△ 4 ミスカッレーラ
 
△ 6 フェルディナンド
 
【見解】
昨年の2歳女王ローリエフレイバーが本命。ダートグレード競走だった前走の雲取賞11着は度外視できる。4連勝で東京2歳優駿牝馬を制したスピードの持ち主。距離2度目で、牝馬同士なら巻き返しを期待できる。
 
単勝1
 
馬単1⇔9 1⇔5 9⇔5
  1→4 1→6
 
 
■12レース
 
◎ 6 ストームゾーン
 
〇 4 ボイラーハウス
 
▲ 5 ロイヤルペガサス
 
△ 1 ノアヴィグラス
 
△ 9 ハートプレイス
 
△ 10 フジコチャン
 
【見解】
転入後2連勝中で勢いに乗るストームゾーンが中心。A2混合の前走は早め抜け出しから後続を4馬身突き放すワンサイドゲーム。昇級は形だけで、2キロ増の57キロでも負けられないところだろう。
 
単勝6
 
馬単6⇔4 6⇔5 4⇔5
  6→1 6→9 6→10

 

大井競馬3日目(4月24日)

2024年04月23日
大井競馬

■10レース
 
◎ 3 シルヴィーノ
 
〇 7 リュウノファウラー
 
▲ 10 ロンギングナイス
 
△ 1 ワイルドハンター
 
△ 13 ワンボイス
 
【見解】
通算〈3511〉で5着以下のないシルヴィーノが本命。約2か月ぶりの前走は早め抜け出しから押し切る横綱相撲のVで、走破タイムも上々。B3昇級が壁になる器ではなく、ここも好勝負に持ち込める。
 
単勝3
 
馬単3⇔7 3⇔10 7⇔10
  3→1 3→13
 
 
■11レース
 
◎ 4 アマンテビアンコ
 
〇 8 ブルーサン
 
▲ 1 アンモシエラ
 
△ 3 ハビレ
 
△ 6 ティントレット
 
【見解】
巻き返しを狙うJRAアマンテビアンコが主役。前走の雲取賞はスタートでつまずく不利がありながらも、メンバー最速の末脚で0秒4差2着まで追い上げる負けて強しのレースぶり。再度同条件なら重賞初制覇のチャンスだろう。
 
単勝4
 
馬単4⇔8 4⇔1 8⇔1
  4→3 4→6
 
 
■12レース
 
◎ 12 マテラハチイチ
 
〇 10 サンクスグランパ
 
▲ 13 エルモサミオ
 
△ 6 コンチトーホク
 
△ 7 スペラーレ
 
【見解】
地力強化が目立つマテラハチイチを狙う。前走はスタートで大きく出遅れる不利をはねのけて、大外一気の末脚で0秒2差2着まで追い込んだ。1400メートルは守備範囲で、このメンバーならおもしろい。
 
単勝12
 
馬単12⇔10 12⇔13 10⇔13
  12→6 12→7
 

大井競馬2日目(4月23日)

2024年04月22日
大井競馬

■10レース
 
◎ 9 ゴールデンナイト
 
〇 4 ブレストサンダー
 
▲ 5 ポルトディタリー
 
△ 1 ビッグヒップルーフ
 
△ 7 ガンモレジェンド
 
【見解】
再昇級2戦目のゴールデンナイトが中心。前走は勝ち馬トランセンデンタルが強すぎただけで、向こう正面で徐々に進出して2着を確保したレースぶりは悪くなかった。再度同条件でこのメンバーならチャンス大だろう。
 
単勝9
 
馬単9⇔4 9⇔5 4⇔5
  9→1 9→7
 
 
■11レース
 
◎ 6 デュードヴァン
 
〇 5 マックス
 
▲ 9 ハリーバローズ
 
△ 7 マムティキング
 
△ 10 ボンディマンシュ
 
【見解】
地力上位のデュードヴァンが主役。転入後はトップレベルでもまれて力をつけており、前走の川崎マイラーズで待望の重賞初制覇。1400メートル替わりに不安はなく、約3か月半ぶりでもオープン特別では負けられない。
 
単勝6
 
馬単6⇔5 6⇔9 5⇔9
  6→7 6→10
 
 
■12レース
 
◎ 1 ダンシングラスカル
 
〇 5 フルオブプレイズ
 
▲ 16 リケアシラヌイ
 
△ 11 ヤマニンファシオ
 
△ 15 カラフルフレスコ
 
【見解】
充実ぶりが目立つダンシングラスカルが本命。2戦連続で強敵ケイアイバザラを退けており、マークした大井1200メートル1分15秒6はC2で即通用するタイム。昇級の壁は感じられず、3連勝を期待する。
 
単勝1
 
馬単1⇔5 1⇔16 5⇔16
  1→11 1→15
 

大井競馬初日(4月22日)

2024年04月21日
大井競馬

■10レース
 
◎ 1 ラバテラリュージュ
 
〇 7 ウィズフィリップ
 
▲ 8 ソルテア
 
△ 5 ルックアップ
 
△ 9 オールアルミュール
 
△ 11 ローゼンヴォルフ
 
【見解】
巻き返しを狙うラバテラリュージュが中心。前走6着はテンから行きっぷりが悪く、終始リズムに乗れず参考外。前々で運べそうなメンバー構成なら初の2000メートルに対応できそうで、森泰斗騎手との初コンビも魅力だ。
 
単勝1
 
馬単1⇔7 1⇔8 7⇔8
  1→5 1→9 1→11
 
 
■11レース
 
◎ 13 ガルヴァナイズ
 
〇 14 マーゴットバモス
 
▲ 11 ロアリングルックス
 
△ 4 ゴールドジャッジ
 
△ 8 フォルツァ
 
【見解】
立て直しに成功したガルヴァナイズが本命。約3か月半ぶりの前走はスタートで後手に回る不利があったにもかかわらず、4角先頭から後続の追撃を封じる着差以上に強いV。再度同条件なら素直に信頼する。
 
単勝13
 
馬単13⇔14 13⇔11 14⇔11
  13→4 13→8
 
 
■12レース
 
◎ 7 イーサンアイ
 
〇 10 シエロフェイス
 
▲ 2 バラク
 
△ 6 ケイトップロード
 
△ 9 グロリオサ
 
【見解】
変わり身が見込めるイーサンアイを狙う。休養後は6、4、5着で足踏みしているが、B3では地力上位の存在。左回り1650メートルは〈1010〉で適性が高く、末脚の生きる流れになればおもしろい。
 
単勝7
 
馬単7⇔10 7⇔2 10⇔2
  7→6 7→9