南関競馬スパッと予想

南関競馬スパッと予想

船橋競馬最終日(5月31日)

2024年05月30日
船橋競馬

■10レース
 
◎ 9 マイレレイ
 
〇 11 ナインゲーツ
 
▲ 7 ヴェニーレ
 
△ 3 ヴィシソワーズ
 
△ 8 ギフテッドキング
 
【見解】
立て直しに成功したマイレレイが本命。前走は約9か月ぶりにもかかわらず、4角先頭から後続を5馬身突き放すワンサイドゲーム。C1再昇級でも地力は上位で、砂をかぶらずスムーズに運べれば。
 
単勝9
 
馬単9⇔11 9⇔7 11⇔7
  9→3 9→8
 
 
■11レース
 
◎ 8 ムエックス
 
〇 6 スパルタレオニダス
 
▲ 11 シティーオブスター
 
△ 1 グランステーファノ
 
△ 7 キャリアリズム
 
【見解】
転入後〈3110〉のムエックスが主役。前走は4角先頭から後続をグングン引き離し、7馬身差をつける圧倒的なパフォーマンスを披露。B1で足踏みする器ではなく、1700メートル替わりでも連勝を3に伸ばせる。
 
単勝8
 
馬単8⇔6 8⇔11 6⇔11
  8→1 8→7
 
 
■12レース
 
◎ 9 リュードマン
 
〇 10 リッキーザキング
 
▲ 8 サイレントウルフ
 
△ 6 アトゥ
 
△ 7 ダヴィンチ
 
【見解】
自己条件に戻ったリュードマンを狙う。前走のかしわ記念の大差シンガリ負けは参考外。船橋2200メートルは4走前のB1・B2特別で0秒2差2着がある舞台で、B3混合戦なら巻き返しを期待できる。
 
単勝9
 
馬単9⇔10 9⇔8 10⇔8
  9→6 9→7

 

船橋競馬4日目(5月30日)

2024年05月29日
船橋競馬

■10レース
 
◎ 7 ジラルデ
 
〇 5 キングオブカズ
 
▲ 4 フィティアンガ
 
△ 1 ブレイジングヒート
 
△ 2 ローズピリオド
 
【見解】
相手関係の楽になったジラルデが中心。前走2着で連勝は3でストップしたが、難敵フーリッシュホビーに真っ向勝負を挑んだレースぶり、走破タイムは上々。B2で通用する力は示しており、昇級は形だけ。
 
単勝7
 
馬単7⇔5 7⇔4 5⇔4
  7→1 7→2
 
 
■11レース
 
◎ 5 カジノフォンテン
 
〇 3 ブリッグオドーン
 
▲ 1 アルラ
 
△ 2 グレースルビー
 
△ 6 エアアルマス
 
【見解】
連闘で臨むカジノフォンテンを狙う。前走のプラチナCは勝負どころで包まれる不利がありながらも、メンバー最速タイの末脚で6着に追い込んだ。重賞5勝の実績は準重賞レベルでは抜けており、約3年ぶりの復活Vを期待したい。
 
単勝5
 
馬単5⇔3 5⇔1 3⇔1
  5→2 5→6
 
 
■12レース
 
◎ 10 マオノジェット
 
〇 5 エメラルスマイル
 
▲ 6 エクスプロア
 
△ 8 ハーモニージョーイ
 
△ 11 ストレートダンディ
 
【見解】
休養後4、1着で軌道に乗ってきたマオノジェットが本命。船橋1800メートルは〈0301〉で適性が高く、乗り慣れた山本聡紀騎手との再コンビも心強い。前々でスムーズに運べれば2連勝のチャンスだろう。
 
単勝10
 
馬単10⇔5 10⇔6 5⇔6
  10→8 10→11

 

船橋競馬3日目(5月29日)

2024年05月28日
船橋競馬

■10レース
 
◎ 9 シャルフジン
 
〇 12 ゴールドレガシー
 
▲ 3 コラルノクターン
 
△ 1 プレストカイザー
 
△ 11 カールスバート
 
【見解】
復活したシャルフジンが本命。約9か月ぶりだった2走前はスタートでつまずく不利が大きく11着大敗を喫したが、ハナを奪った前走は4馬身差の圧巻V。22年の雲取賞、京浜盃勝ち馬で、A2で足踏みする器ではないのは明らか。
 
単勝9
 
馬単9⇔12 9⇔3 12⇔3
  9→1 9→11
 
 
■11レース
 
◎ 3 エイムフォーエース
 
〇 8 ギガース
 
▲ 5 ザイデルバスト
 
△ 4 モノノフブラック
 
△ 9 エドノフェニックス
 
△ 11 フクノフードゥル
 
【見解】
強敵にもまれてきたエイムフォーエースを狙う。4戦連続でJRAの芝に挑戦して見せ場を作り、重賞レベルの素質を証明。船橋1200メートルは2戦2勝で適性は高く、金沢の名手・吉原寛人騎手が手綱を取るのも心強い。
 
単勝3
 
馬単3⇔8 3⇔5 8⇔5
  3→4 3→9 3→11
 
 
■12レース
 
◎ 7 クジラ
 
〇 2 マオノオラクル
 
▲ 9 タンタシオン
 
△ 3 ラビットヘアー
 
△ 10 ハタノラトゥール
 
【見解】
長丁場は合うクジラが本命。浦和遠征の前走は伏兵コスモパンドラの末脚に屈したが、2周目4角先頭の積極策で0秒2差に粘り込む好内容。前々でスムーズに運べれば、ここも好勝負に持ち込めるだろう。
 
単勝7
 
馬単7⇔2 7⇔9 2⇔9
  7→3 7→10

 

船橋競馬2日目(5月28日)

2024年05月27日
船橋競馬

■10レース
 
◎ 8 フユノダイサンカク
 
〇 3 ロジマスタング
 
▲ 6 ビービーベジェサ
 
△ 5 マイネルグローリエ
 
△ 9 ピアレス
 
【見解】
上積みが見込めるフユノダイサンカクを狙う。約5か月ぶりの前走は勝負どころで包まれる不利がありながらも、0秒5差3着に追い上げる好内容。船橋1200メートルは1戦1勝で適性が高く、降級2戦目で前進を期待する。
 
単勝8
 
馬単8⇔3 8⇔6 3⇔6
  8→5 8→9
 
 
■11レース
 
◎ 6 サンマルシップ
 
〇 4 ハセノエクスプレス
 
▲ 3 エルロイ
 
△ 2 ポーチュラカ
 
△ 9 アイゴールド
 
【見解】
勢いの止まらないサンマルシップが本命。転入後6戦は全てワンサイドの逃げ切り勝ち。昇級初戦がA2混合で一気に相手は強化されるが、1000メートルのスピード比べでも全く引けは取らないだろう。

 
単勝6
 
馬単6⇔4 6⇔3 4⇔3
  6→2 6→9
 
 
■12レース
 
◎ 11 ダークモード
 
〇 1 スティールウィル
 
▲ 2 フレンドライクミー
 
△ 5 エントジアスタ
 
△ 6 アルファマドンナ
 
【見解】
地力上位のダークモードが中心。JRA未勝利ダートで勝ち上がり、2走前の芝2000メートルで0秒4差5着。約3か月ぶりになるが、C1編入なら通用していい器で、森泰斗騎手が手綱を取るのも心強い。
 
単勝11
 
馬単11⇔1 11⇔2 1⇔2
  11→5 11→6

 

船橋競馬初日(5月27日)

2024年05月26日
船橋競馬

■10レース
 
◎ 4 テクノダイヤモンド
 
〇 10 ルテリブル
 
▲ 3 グリーンダイヤル
 
△ 8 アルファゼウス
 
△ 11 コスモゲイダーグ
 
【見解】
再転入してきたテクノダイヤモンドが中心。JRA1勝クラスでは歯が立たなかったが、3走前の船橋マイルで8馬身差Vを飾っており、走破タイムも優秀。C1で足踏みする器ではなく、船橋コースでの連勝を5に伸ばせる。
 
単勝4
 
馬単4⇔10 4⇔3 10⇔3
  4→8 4→11
 
 
■11レース
 
◎ 4 ジャックオレンジ
 
〇 2 ゴールドレッグス
 
▲ 7 ポンペイワーム
 
△ 5 マイクハージュ
 
△ 8 ビップアクア
 
【見解】
変わり身を見せたジャックオレンジが主役。休養明け2戦目の前走はスタートで後手に回る不利がありながら、直線だけで後続に4馬身差をつける圧巻V。再度同条件のここも焦点は2着争いに絞られそう。
 
単勝4
 
馬単4⇔2 4⇔7 2⇔7
  4→5 4→8
 
 
■12レース
 
◎ 7 リンギングフォン
 
〇 14 モンレアーレ
 
▲ 3 キタダケ
 
△ 2 キャナルロックス
 
△ 12 ラップランド
 
【見解】
巻き返しを狙うリンギングフォンが本命。約4か月半ぶりの前走5着で連勝は4でストップしたが、2走前にC1勝ちがあり、このメンバーなら地力は一枚上。マイル2度目で上積みが見込めるここは改めて期待する。
 
単勝7
 
馬単7⇔14 7⇔3 14⇔3
  7→2 7→12

 

浦和競馬最終日(5月24日)

2024年05月23日
浦和競馬

■10レース
 
◎ 7 リュウノアスラーム
 
〇 6 ミホスローロリス
 
▲ 5 ネクサスエッジ
 
△ 3 クマサンニデアッタ
 
△ 8 ステラセイコー
 
【見解】
浦和800メートルに矛先を向けてから1、2着のリュウノアスラームが主役。前走は勝ち馬ハクアイゴジローと枠順の差が出ただけで、ゴール直前でクビ差まで迫ったレースぶりは負けて強し。再度同舞台なら改めて。
 
単勝7
 
馬単7⇔6 7⇔5 6⇔5
  7→3 7→8
 
 
■11レース
 
◎ 12 ジョーエスポワール
 
〇 9 ローアヴァンフレア
 
▲ 1 シュアゲイト
 
△ 6 バイザウェイ
 
△ 8 バトルバーリライ
 
【見解】
巻き返しを狙うジョーエスポワールが本命。前走はスタート直後に隣の馬と接触する不利がありながらも、メンバー最速の末脚で0秒3差2着まで追い上げる好内容。1500メートルは守備範囲で、B1混合でもチャンス大だろう。
 
単勝12
 
馬単12⇔9 12⇔1 9⇔1
  12→6 12→8
 
 
■12レース
 
◎ 10 ソウヤミサキ
 
〇 11 メイショウクラーク
 
▲ 5 ローゼシュティア
 
△ 2 スターコマチ
 
△ 3 レッドバルデス
 
【見解】
中距離適性の高いソウヤミサキを狙う。展開に左右される半面、しまいの脚はしっかりしており、浦和2000メートルは3、2走前に3着がある舞台。2分13秒0の持ちタイムは上位で、このメンバーならおもしろい。
 
単勝10
 
馬単10⇔11 10⇔5 11⇔5
  10→2 10→3

 

浦和競馬4日目(5月23日)

2024年05月22日
浦和競馬

■10レース
 
◎ 9 マスクドサムライ
 
〇 1 ジュンモユル
 
▲ 10 イデアノキセキ
 
△ 3 ジュンクッタラ
 
△ 5 カズオルヴァル
 
【見解】
条件が好転するマスクドサムライを狙う。川崎遠征の前走7着は前残り決着に加え、勝ち馬ゲットアップゲートが強すぎた。浦和1400メートルは4走前Vがあり、クラス4度のここは好勝負に持ち込める。
 
単勝9
 
馬単9⇔1 9⇔10 1⇔10
  9→3 9→5
 
 
■11レース
 
◎ 12 シーサーペント
 
〇 4 アウストロ
 
▲ 1 エンテレケイア
 
△ 10 ビナサクセス
 
△ 11 イデアミラーグロ
 
【見解】
転入後6連勝中で勢いの止まらないシーサーペントが本命。1500メートル替わりの前走も4角先頭から後続を3馬身突き放す横綱相撲。A2昇級が壁になる器ではなく、焦点は2着争いに絞られる。
  
単勝12
 
馬単12⇔4 12⇔1 4⇔1
  12→10 12→11
 
 
■12レース
 
◎ 10 ジャズフレイバー
 
〇 8 ルルド
 
▲ 9 カバロプレト
 
△ 5 フレールジョワ
 
△ 6 ビッグワン
 
【見解】
上積みが見込めるジャズフレイバーが中心。前走は約5か月ぶりにもかかわらず、初の2000メートルにメドを立てる見せ場たっぷりの3着。ここは相手関係が楽になっており、前々でスムーズに運べればチャンス大だろう。
 
単勝10
 
馬単10⇔8 10⇔9 8⇔9
  10→5 10→6

 

浦和競馬3日目(5月22日)

2024年05月21日
浦和競馬

■10レース
 
◎ 12 レコルトハッピー
 
〇 1 ダイメイタマナ
 
▲ 5 エイシンエメラルド
 
△ 2 ブレイブジャンヌ
 
△ 7 ノースプリマ
 
【見解】
3連勝中で充実ぶりが目立つレコルトハッピーが主役。前走は3角先頭から後続を4馬身突き放すワンサイドゲームで、浦和800メートル47秒4の自己ベストをマーク。昇級の壁をあっさり突破しており、再度同条件なら負けられない。
 
単勝12
 
馬単12⇔1 12⇔5 1⇔5
  12→2 12→7
 
 
■11レース
 
◎ 3 アマネラクーン
 
〇 9 アランバローズ
 
▲ 12 ジャスティン
 
△ 6 サヨノグローリー
 
△ 8 ツーシャドー
 
【見解】
条件が好転するアマネラクーンを狙う。初の遠征競馬だった前走の川崎マイラーズ6着は参考外。約4か月半ぶりだが、〈14313〉に浦和1400メートルに戻り、森泰斗騎手とのコンビ復活なら初タイトル獲得を期待する。
 
単勝3
 
馬単3⇔9 3⇔12 9⇔12
  3→6 3→8
 
 
■12レース
 
◎ 2 アヴァニイ
 
〇 10 エドノトップラン
 
▲ 1 リュウノアン
 
△ 5 フォートウィリアム
 
△ 6 ミラクルランバック
 
△ 11 エーヴベリー
 
【見解】
復活の兆しを見せたアヴァニイが中心。川崎遠征の前走は勝ち馬ブレバが強すぎただけで、勝負どころで自ら動いて2着馬とはクビ差。レースぶりは悪くなく、〈1020〉の浦和2000メートルでチャンスをつかむ。
 
単勝2
 
馬単2⇔10 2⇔1 10⇔1
  2→5 2→6 2→11

 

浦和競馬2日目(5月21日)

2024年05月20日
浦和競馬

■10レース
 
◎ 2 ヴェールトゥマラン
 
〇 6 ドナルビー
 
▲ 9 エッジラッシュ
 
△ 1 クローズユアアイズ
 
△ 10 アトゥ
 
【見解】
浦和初遠征のヴェールトゥマランが中心。1番人気7着の前走はスタートで後手に回る不利に加え、前が止まらない展開が向かなかった。B3で通用する力は2走前2着で示しており、格上不在なら巻き返しを狙える。
 
単勝2
 
馬単2⇔6 2⇔9 6⇔9
  2→1 2→10
 
 
■11レース
 
◎ 3 マテリアルガール
 
〇 1 アルラ
 
▲ 4 ヴィゴーレ
 
△ 6 ショットメーカー
 
△ 8 ディアセオリー
 
【見解】
単騎マイペースならマテリアルガールがおもしろい。前走のエンプレス杯11着はJRA勢相手で分が悪く、自分の型に持ち込めなかったのが全て。牡馬混合の準重賞でも別定52キロは恵まれており、見直しが必要だろう。
 
単勝3
 
馬単3⇔1 3⇔4 1⇔4
  3→6 3→8
 
 
■12レース
 
◎ 7 プリンスオーソ
 
〇 1 コスモパンドラ
 
▲ 6 アポロリリー
 
△ 8 キトゥンズルンバ
 
△ 10 トレンチタウン
 
【見解】
相手関係の楽になったプリンスオーソを狙う。出遅れ癖はネックだが、前走は前々でレースを進めて強敵リュウバターの0秒3差3着まで追い上げる好内容。C1にメドを立てており、再度同条件のここは素直に信頼する。
 
単勝7
 
馬単7⇔1 7⇔6 1⇔6
  7→8 7→10

 

浦和競馬初日(5月20日)

2024年05月19日
浦和競馬

■10レース
 
◎ 5 キョウエイパラスト
 
〇 12 ゼローソ
 
▲ 2 ヴェルデヴェント
 
△ 4 デルタ
 
△ 8 ジョーフォック
 
【見解】
クラス慣れが見込めるキョウエイパラストを狙う。前走は逃げ・先行有利の馬場にもかかわらず、しぶとく追い上げて0秒7差6着。浦和コースは4走前Vで適性の高さを示しており、このメンバーならチャンスだろう。
 
単勝5
 
馬単5⇔12 5⇔2 12⇔2
  5→4 5→8
 
 
■11レース
 
◎ 5 ティーファイブ
 
〇 12 グランギフト
 
▲ 2 コスモマルーン
 
△ 4 エリオット
 
△ 8 キーラーヴォッヘ
 
【見解】
スピード上位のティーファイブが本命。前走はハナ争いこそ譲ったものの、4角先頭の積極策から0秒2差3着に踏ん張る好内容。1400メートルは守備範囲で、クラス2度目のここは巻き返しを期待できる。
 
単勝5
 
馬単5⇔12 5⇔2 12⇔2
  5→4 5→8
 
 
■12レース
 
◎ 11 シルバーニードル
 
〇 7 ガラデレオン
 
▲ 3 デルマツリダシ
 
△ 6 コスモビートイット
 
△ 8 タイセイマイティ
 
【見解】
条件が合うシルバーニードルが中心。前走2着で連勝は3でストップしたが、スタートで後手に回る不利がありながらも、向こう正面から長くいい脚を使って0秒3差まで追い上げた。再度同条件なら改めて。
 
単勝11
 
馬単11⇔7 11⇔3 7⇔3
  11→6 11→8